貸金業法と総量規制

 

金融機関の中で貸金業法に基づいてお金を貸しているのは貸金業者と呼ばれています。
消費者金融も貸金業者ですね。

 

貸金業者が守らなければいけない貸金業法の中には総量規制というのがあります。

 

総量規制というのは貸金業者は借り手の年収の3分の1までの金額しか貸してはいけないというルールです。
これは、お金の借り過ぎで多重債務になり生活苦に陥る人が増えたため、そのような状況を解決するために作られたものです。

 

この総量規制があるので、貸金業者からすでに年収の3分の1の借入残高がある場合は新たに申し込んでも審査に通りません。

 

貸金業者は借り入れの申し込みがあると、信用情報機関にその人の借入状況を問い合わせるので、その人がどの程度の借入残高があるかを直ぐに確認することができます。

 

夫婦

ただ、総量規制には例外がありこの例外が適用されれば専業主婦も借り入れができます。

 

この例外は「配偶者と合わせた年収の3分の1以下の貸付」というものです。

 

つまり、自分に収入がなくても配偶者に安定した収入があれば配偶者の年収の3分の1までなら借り入れができるというわけです。
ただし、借り入れの際には本人確認書類の他に婚姻関係を証明できる住民票などの書類と配偶者の同意書の提出が必要になります。

 

 

総量規制によって多重債務者は減りましたが、どこからも借りられなくなった人たちが闇金に関わってしまうという問題も増えています。
もし、お金に困ったら、怪しげな貸金業者に手を出す前に家族や消費生活センターなどに相談してください。